Bar Windows 8.1 – BluetoothでGO!

Bar Windows 8 in 名古屋 with 8.1に登壇して、「BluetoothでGO!」というタイトルでセッションしてきました。

ご清聴ありがとうございました。プレゼンを置いておきます。
最後のデモで見せたコードはあまり整理されていません。反響があれば公開したいと思います。→ GitHubで公開しています。

BluetoothでGo!

次回も頑張ります (^^)

名古屋MS秋祭り – LINQソースでGO!

名古屋MS秋祭りにて登壇して、「LINQソースでGO!」というお題目でセッションをさせて頂きました。

詰め込み過ぎなのに時間が短すぎという結果で、大変分かりにくい解説になってしまったようで、またしても反省です m(_ _)m
参加者の皆様、ご静聴いただき、ありがとうございました。次回登壇の際には、これに懲りずに、宜しくお願いします。

ここにオリジナルプレゼンを置いておきます(アニメーションを使用しているので、オリジナルを見た方が良いです)。早すぎて理解不能だった場合の足しにしてください (^^;;

第六回まどべんよっかいち勉強会 LTスライド

第六回まどべんよっかいち勉強会お疲れ様でした。
「DotNetOpenAuthをうまいこと使う」というタイトルで、LTさせて頂きました。スライド置いておきます。

ASP.NET MVC4の新規プロジェクトで使用される「DotNetOpenAuth」ライブラリと、「Facebook C# SDK」を連携させるネタです。オリジナルはUsing OAuth Providers with MVC 4 By Tom FitzMackenですが、ポイントはほぼ一か所なので、LTネタとしては良かったと思います。

良くないのは、LTとして長すぎだったと言う事か orz すいません、時間が押していたのに。精進します。

オリジナルスライドはこちら(アニメーションを多用しているので、オリジナルを見た方が良いです)

なお、時間が無かったので補足しませんでしたが、通常のウェブサイト向け(ASP.NETウェブサイト)のOAuth運用では、アクセストークンを直接取得するのではなく、代わりに「コード」と呼ばれる、ログイン毎に一意の暗号コードを受け取り、暗号コードからアクセストークンを取得します。

The Login Flow for Web (without JavaScript SDK)

そのため、LTで紹介した方法(直接アクセストークンを取得する)は、最後にWindows Phone向けの事を絡めましたが、元々Windows Phoneのようなクライアントアプリケーション向けの処理方法です。

… と言う事を喋る余裕もありませんでしたw