C#でわかる こわくないM – F# 勉強会 岐阜

今年久々の投稿。「C#でわかる こわくないM」というお題で、F# 勉強会 岐阜で登壇してきました。

「M」とは「モナド」のことです。内容について誰にも推敲依頼しなかったので、実際に発表するまで内容の正確性に自信がなかったのですが、大きな問題はなさそうでホッとしました。
最初に喋りましたが、これについては解説の筋道を2年ぐらい考えていました。なんとか形になってよかったのと、自分の口で説明することでより理解が深まったのが大きな収穫でした。

帰りにはもみあげさんとコレクションへのモナドの適用(要するにLINQのSelectMany)がモナドであるのか否かの話も出来たので、これも大きかったです。次はモノイドの理解とモナド・モノイドの(頭のなかでの)統合が課題かな。このネタは、Fsharp Bootcamp Tokyo 2016 with Tomas Petricekのときに出た、モナド(又はモノイド)に対するコンピュテーション式の適用での矛盾が元ネタで、この時にはまだ消化しきれなかったので、いつか噛み砕いて理解しようと思っていたことです。このあたりが理解できると、抽象化の道具がまた一つモノになったと言える気がします。今日の発表で、一歩近づいたかな。

* 内容はbleisさんのGistに書いてありますが、今見てもまだ怯んでしまうな…

それではまた。

投稿者:

kekyo

Microsoft platform developers. C#, LINQ, F#, IL, metaprogramming, Windows Phone or like. Microsoft MVP for VS and DevTech. CSM, CSPO. http://amzn.to/1SeuUwD