中華タブX89Winをアレする – 1円にもならない無駄な技術 Advent Calendar 2014

これは「1円にもならない無駄な技術 Advent Calendar 2014」の25日目の記事です。


Welcome中華タブ!

tablet1

それは忘れもしない、Microsoft Conference 2014の2日目、「MSC反省会」と称した呑み会の席の事。何だかごっつい「日本正規版 Windows Phone」と、もう一つ目に留まる自慢の一品を見た事から始まったのです。

これは、いわゆる中華タブレット「Teclast X89HD」。そこで目にした衝撃とは、7.9インチにて、2048×1536の超高解像度LCD、つまり「Retinaディスプレイ」だったのです。「iなんとか」、の世界ではもはや当たり前のこの液晶、Windows界隈では殆ど見かけません。そして何といっても、これならVisual Studioが捗るじゃありませんか!!!

tablet2

そう、それはつまり、こういう事なのです。

このサイズにしてこの解像度! むーん、欲すぃ…

しかし、このX89HD、この時点で再入荷の目途が立っていないとの事。翌日秋葉原に視察に行ったのですが、やはり売っていない orz
それ以来、再入荷されるのを心待ちにしていた所、とうとう販売開始、しかもマイナーバージョンアップして、「X89Win」として販売。速攻で予約、一週間程度で発送開始ですぐに来ました。

キタキタ、早速キーボードやマウスを接続し、BIOSがどんな風になっているのかを確認。おぉ、何だか普通のマザボBIOSみたいだ(AMI)。東芝タブレットのBIOSが本当に何も出来ないどころか、やたら使いにくいのに比べると、AMI BIOSで親近感があって良いです。もっとも、タッチパネルで操作出来ないので、BIOS触るときは必ずUSBキーボードが必要になります。

所でこのBIOS、設定可能項目が山のようにあります。それこそ、オーバークロッカー向けマザボの如く、です。これは面白そうだ、きっと何も考えずにconfiguration項目を全部有効にしているんじゃないだろうか?とか思いつつ、BIOS設定を色々弄っていて… あれ、起動しなくなった。


文鎮…

tablet3

もう、いきなりですよ。まったくダメ。電源長押しでも無反応。「これが噂の中華タブ洗礼か…」仕方が無いので、リセット的な何かが無いかと分解したのがこの写真です。分解してみたところ、半分ぐらいはバッテリー、もう半分がマザーボードという感じで、CPUと思わしき部分に広範囲の「ガム状のヒートシンク」が貼ってありました(写真では取り除いています)。

ちなみに、使い続けるなら分解はしない方が良いです。ツメがプラなので破壊しないで開けるのはかなり難しいです。無理にこじ開けた場合、ツメが緩くなって元通りキッチリとは閉まらなくなります。

しかし、マザーボード上を見ても、リセットジャンパーなどは見当たらず(あまり期待はしていなかったけど)、何か出来そうなものは皆無。空きスペースとして、3GモデムとかSIMスロットとオボシキパターンがあるので、今後3Gモデルが出るかも知れません。

tablet4

何かの参考になるかもしれません、アップの写真も撮っておきました。それにしても、中華タブの品質の悪さが揶揄されているものの、「ここまでの物をあの価格で実現してしまう」のは、かなりのインパクトがあるという印象でした。彼らはもっと製品の魅力にフォーカスすれば良いのに、とも思います。

さて、諦めきれなかったため、バッテリーを外して放電リセットを試みました。が、駄目でした。東芝タブでは放電してしまうと痴呆になって、最悪のやり直しが可能だったのですが、どうやらこれはフラッシュかEEPROMかにBIOS設定を記憶するようで、もう手詰まりな感じです。

結局年末近くで色々忙しかったこともあり、リプレースパーツと割り切って、諦める事にしました。そう、「リプレースパーツ」として。


Welcome中華タブ! アゲイン

tablet5

買っちまいました。もう一台。もう後に引けません。

さて、教訓から、怪しげなBIOS設定項目には触らない、と誓いを立て、まずはイメージバックアップします。この製品は、少し前に話題になったマイクロソフトの施策、「Windows 8.1 with Bing」の中文版がプリインストールされています。念のため、まずはこれのフルバックアップを取っておきます。バックアップは、日本語版で言う所のコントロールパネルの「回復」から、「回復ドライブの作成」で可能です。あらかじめUSBメモリ(32GB)を用意して臨みます。容量的には8GBでも行けるような気がします。手元に日本語版Windowsのマシンを置いておき、画面を比較しながらやれば選択肢を間違う事も無いでしょう。

そして、きれいさっぱり、Windows 8.1日本語版を入れなおします。プリインストールされたWindowsには日本語言語パックを追加する事が可能です。そうすれば、そのまま日本語で使い始める事が可能です。が、何しろ中華タブなので、何が入っているかわからない。真っ新にしておきたいというのが動機です。

wimboot

また、Visual Studio 2013とOffice 2013を使う事も目的となるので、内蔵ドライブ(eMMCで32GB)が手狭すぎます。素ではインストール出来ません。そこで、WIMBootという手法でこれらも全部インストールし、ディスクの空き領域を増やす作戦です。

WIMBootについては、「Windows 8.1 Updateの新機能「WIMBoot」を試す」が詳しいので参照してください。簡単に構造を説明すると、あらかじめ収めておきたいファイル群(WindowsのシステムファイルやOfficeやVisual Studio等)を圧縮イメージ(WIMイメージ)でeMMC内に保持し、個々のファイルはこのイメージ内の圧縮されたデータをポイントする事で、劇的に小さい容量での運用を可能にする機能です。

MSDNのWIMBootの解説は、不必要に面倒な事が書いてありますが、出来るだけ簡単にする方法として以下の手順を考えます。

  • X89Winは、32ビットOSだけがブート可能です。どうもUEFI BIOSが32ビットOSイメージしかブートしなくなっているようで、東芝タブが逆の64ビットのみだった事もあり、しばらくハマっていました。
  • 母艦PCでHyper-V上に、ゲストOSとしてWindows 8.1 EE 32bitをインストールします。Proなら同様の手順で出来るかもと思いますが、無印は分かりません。ディスク形式はvhdx、仮想マシン世代はバージョン1で構いません。インストール時には、新規に適当なローカルユーザーアカウントを作成します。
  • ゲストOSでAdministratorユーザーを有効化(既定では無効)します。
  • ゲストOSでAdministratorでログオンし直し、インストール直後に作ったローカルユーザーアカウントを削除し、プロファイルも削除します。
  • Windows Updateや、必要なアプリケーションなどをインストールします。Windows installerなどを使わないアプリだと、WIMBoot後に正しく環境が再現されないかもしれません。当然OfficeやVisual Studioなら問題ありません。ユーザー固有のレジストリ(HKCUなど)を使うアプリは、その定義が失われるので、駄目かも知れません。
  • 「C:\Windows\System32\sysprep」フォルダのsysprep.exeを起動します。
    C:\Windows\System32\sysprep> sysprep.exe /generalize /oobe /shutdown
    

    sysprep

    このコマンドの処理後は、自動的にゲストOSがシャットダウンし、次回起動時にはプレインストールされたWindowsのように、新品の初期状態から起動するようになります。Administratorで作られたプロファイルは、sysprepによって削除されていますので、余計な容量を使ってしまう心配はありません。
    なお、このゲストOSは、インストールから日数が経過すると、アクティベーション出来ていない状態として警告されるようになってしまいます。その状態ではsysprepのgeneralizeに失敗するため、その場合はゲストOSを作り直す必要があります(sysprepし終わったイメージは、起動しなければ問題ありません)。

  • これでテンプレートとなるイメージが生成出来たので、このvhdxをマウントして、そこからWIMBootイメージを作成します。

さて、このような手順で進めるのですが、一つ問題があります。果たして標準のWindows 8.1のドライバー群がどこまでデバイスを認識出来るのか?と言う事です。残念ながら、この中華タブ、デバイスが非標準的な物ばかりで、殆どNGという状態。素のWindowsでは全く使い物になりません。

  • タッチパネルNG
  • センサーNG
  • グラフィックはIntel HD Graphicsの筈だがNG
  • SDIOがNG
  • SDIOにぶら下がるRealtekのWifiがNG
  • BluetoothがNG
  • パワーマネージメントがNG
  • その他いろいろNG

ですが、X89Winのデバイスドライバー群はどこから入手すれば良いのかと。Teclastではマスターイメージはダウンロード可能なようですが、個別のドライバパッケージは無いようです。姉妹機のX98シリーズのドライバは公開されていたのですが、認識されないものが多かったです(これを試すのにもかなり時間を使ってしまった)。Intel純正のドライバにしても、BayTrail-T関係のドライバはどうも公開されていないように見えます。NUC当たりのドライバも試したのですが、INFアップデートが行けたぐらいで、殆ど解決に至りません。


やっと本題

このブログでは、プログラムの情報を発信している事もあり、こういったデバイスのレビューが主目的ではありません。そこで、稼働しているマシンやイメージからデバイスドライバを抽出する、というユーティリティプログラムを書いてみました。

GitHub: CenterCLR.ExtractDrivers
ツール: CenterCLR.ExtractDrivers-1.0.0.0.zip

このツールを、稼働状態にあるWindows 8.1(Windows 8.1にのみ対応)に対して使うと、そこにインストールされているドライバ(Windows標準のドライバを除く)をパッケージ毎に抽出してくれます。
例えば、Windowsのイメージ(*.wimをマウントした中身や物理的なファイル)が「D:\Images\x89win_windows\」配下にあり、いわゆる「Windowsフォルダ」がその下にある場合、以下のコマンドでそこからドライバ群を抽出します。

C:\WORK> CenterCLR.ExtractDrivers.exe D:\Images\x89win_windows\Windows

抽出されたドライバ群は、既定でカレントフォルダ配下の「DriverStore」に保存されます。注意点として:

  • INFファイル(*.inf)によって自動的にPnPインストールが可能なドライバだけが対象です。カスタム化された専用のインストーラーを使用するような、いい加減なドライバは抽出出来ません。Windows標準のドライバインストレーションに従っている必要があります。
  • マルチターゲットドライバ(32ビット・64ビット両対応)のドライバは、抽出に失敗するかも知れません。
  • 稼働状態と言っても、出来るだけオフラインで実行して下さい。X89Winで言うなら、Teclastからイメージをダウンロードして、その中に含まれている「install.wim」をdismでマウントして抽出するのが確実です。又はイメージバックアップしたものを母艦でマウントして、そこから抽出して下さい。動作中のWindowsから抽出する場合、ドライバファイルのコピー時にファイルのオープンに失敗する事があります。

さて、抽出と同時に、template.batを生成します。このファイルは、抽出したドライバ群を、WIMBootイメージに組み込むための「dismコマンド」のサンプルスクリプトです。これで、WIMBootイメージにドライバ群を組み込んでイメージを生成する事で、実機で起動時にドライバが自動的に組み込まれ、あたかも工場出荷時のように振る舞わせる事が出来ます。

この辺りの具体的かついい加減な説明 (;´Д`) や、使用したバッチファイル等は、GitHubに上げておいたので参考にして下さい。

最後に一点、X89Win固有の話ですが、センサーデバイスだけは自動認識されませんでした。理由は良く分かりませんがUMDFとしての認識に失敗しているようです(署名でエラーが出るので、これが原因かもしれません。多少不安ですが)。これはデバイスマネージャから「レガシーデバイスの追加」で「Kionix Sensor Fusion Device」を手動追加すると正しく認識されます。更に、レジストリエントリを追加する必要があります(GitHubにスクリプトをアップしてある「kxfusion.reg」ので使って下さい。これを入れないと、持ち替え時にディスプレイの方向が正しく変わりません)。

さぁ、これで心置きなくHack出来ますね!


あとがき

tablet6

このネタ、いつ書こうかと思っていたのですが、Qiitaで偶然に「1円にもならない無駄な技術」なるAdvent Calendarがある事を知って、エントリーしてみました。何と25日のトリを取ってしまって、このカレンダーを始めた方のイメージに合っているのかやや不安ですが、何かの参考になれば幸いです。

今年もあと少しですね。1円にもならない技術からでも、知識の発展はあるかなと思っています(むしろ)。来年も無駄な事をやりましょう!

投稿者:

kekyo

Microsoft platform developers. C#, LINQ, F#, IL, metaprogramming, Windows Phone or like. Microsoft MVP for VS and DevTech. CSM, CSPO. http://amzn.to/1SeuUwD

「中華タブX89Winをアレする – 1円にもならない無駄な技術 Advent Calendar 2014」への7件のフィードバック

  1. こんにちは!
    同じ商品を購入して、こちらを参考にOSを入れ直したのですが・・・
    センサーデバイスのレジストリ変更のところですが、回答箇所は管理者でも書き込みの権限がなく、無理やり権限を付与してレジストリの書き込みをしたのですが、再起動するとレジストリ値が消えてしまっており、上下さかさまのままになってしまいます。
    どのようにして登録されましたか?
    可能な範囲でご教示いただけると嬉しいです☆

    1. もしかしたら、手動で設定しないとダメなのかもしれません(kxfusion.regは手動設定したエントリをエクスポートして作ったので…)。kxfusion.regをテキストエディタで開き、該当のレジストリエントリと同じ内容をregeditで直接設定してみて下さい。

      1. こんにちは。
        色々やめした挙句、WinPEを起動して、タブレットの実際のOSのSYSTEMのハイブを読み込んで、値を修正し再起動したらいけました。
        これで、Win10入れてまともにいじれました!!
        ありがとうございました。

        1. おお、解決してよかったです。どうやったのかどうしても思い出せなくて返事出来なかったのですが、確かにハイブロードすれは出来そうですね(やり方は知っていたので、そうしたのかも知れません。ヘタレですいません (;´Д`)

          ええと、子羊たちの為に、軽くメモを残しておきます。

          1.再起動して、修復コンソール(コマンドライン)を起動する。
          2.Windows\System32\config\SYSTEM ファイル(拡張子なし)をUSBメモリなどにコピー。
          3.別PCでregeditを起動し、HKLM配下に適当なキーを作り、「ハイブのロード」を選択し、このファイルをロードする。
          4.問題のキーの所に値を直接追加する。
          5.ハイブをアンロードする。
          6.USBメモリを中華タブに刺して、SYSTEMを元の場所にコピー(念のため、古いファイルはSYSTEM.oldとかにして保存)。
          7.再起動

          1. 「Kionix Sensor Fusion Device」はどうせ署名が壊れているので、infファイルいじって、正しくレジストリにエントリが追加されるようにした方が精神衛生上良いかもしれませんね。

  2. レスありがとうございます。
    そもそも、Win8.1だと、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\ROOT\ 以下にはローカルシステムアカウント以外は変更の権限がないと思います。
    reginiか何かで、権限を変更して設定されたんですかね?
    それともタスクスケジューラなどで、システム権限で登録されたとか?
    いろいろ試してみます。
    ありがとうございました!!

  3. 何度もすみません…
    やはり登録しても再起動時に消えてしまいます。
    メーカーのイメージから戻して使うことも検討します…

コメントは停止中です。